生活習慣病の診療のスペシャリスト

私は日本内科学会から認定された総合内科専門医かつ循環器専門医でもあります。循環器疾患の中の虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)は生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病)と密接な関係にあり、それらの診療が適切に出来ないと虚血性心疾患の悪化、再発に繋がり生命に関わってしまうため、他の診療科と比較してもしっかりとした治療方針で診療にあたっていると思います。

しっかりした循環器系疾患の管理

心不全、不整脈、虚血性心疾患の管理なども重点的にやってきましたので、外来でフォローアップ出来る状態や入院が必要となる状態の判断や受けた方が良い検査などについての提案なども適切に出来ます!

総合内科医として診てきた事

主には呼吸器系(気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患COPD)、消化器系(胃腸炎、胃炎、胃潰瘍、逆流性食道炎)、感染症などの発熱等は外来、入院などで対応してきました。
その他、肝胆道膵蔵系などの消化器疾患、腎臓疾患、内分泌疾患、神経疾患、血液疾患などについても知識はしっかりとしておりますので、対応出来ます。